ネクサスブログ

26

Oct

関係代名詞をマスターしよう!その1

こんにちは、山村です。中3英語といえばこの時期は関係代名詞だらけのテストとなります。

用法がいろいろとあり、分詞同様使い分けが難しいところです。

 

まずは分詞の文とどう違うの?というところ。

 

A:The boy running in the park is Tom.

B:The boy who is running in the park is Tom.

ABはどちらも「公園で走っている男の子はトムです」という文です。

なにがちがうのか。who isの部分ですね。ここが追加されています。

どちらも元々次の2つの文をつなげたものです。

 

The boy is Tom.   +    He is running in the park.

Aの文はつなげるときにThe boyとかぶっているHeの部分を省略、ついでにisも省略ということをしていました。

主語は二人もいらないし、isまで省略するのは、つなげたときに違和感を残すためだと思ってください。

running の前にisがないとおかしいな?いつもみたいに主語→動詞の順番(少年は公園で走っている)で読むんじゃないな?

そうか、後ろから前の言葉を説明している(公園で走っている少年)んだ!とわかるわけです。

 

Bの文はどうでしょう。

 

B:The boy who is running in the park is Tom.

 

これは文をつなげるときにThe boyとかぶっているHeの部分を省略、ではなくwhoと交換します。

ついでにis省略せず、残すということをしています。交換&残存です。

 

受け身の文も同様に、Cは省略&省略、Dはwhichに交換&isは残存です。

 

C:The book written in English is mine.

D:The book which is written in English is mine.

 

でもここで気になるのは日本語だと同じ文なら、関係代名詞なんてやらなくてもいいのでは?というところです。

残念ながらそうはいかないのが文法です。関係代名詞のこれらの用法はほんの一部に過ぎません。

よく思い出してみましょう。分詞の文は「進行形」と「受け身」の二つしかありませんでしたね?どちらもbe動詞を用いる文とそれ以外の文をつなげる使い方でした。

 

ただ、関係代名詞は「進行形」の文も「受け身」の文もどちらも使えますし、それ以外にも使えます。

つまり、現在形であったり、過去形、助動詞その他いろいろ…具体的に見ていきましょう。

 

E:The girl is Nancy. + F:She stands under the three.

 

この文はつなげると The girl who stands under the three is Nancy.となります。

進行形や受け身の文でなくても使えていますよね?元々の文に進行形や受け身が使われていないとbe動詞がそもそも使われていない(※)ので残す必要はありません。かぶっている主語のThe girl とSheのうち、代名詞をwhoに変えるだけです。

※ちなみにEの文におけるis Nancyのis は後ろにingが来ているものではないのでこの場合はカウントしていません

 

The man is my father. + He  walked with his dog.

 

これらの文は The man who walked with his dog is my father.

 

 

Tom needs the man. + He can speak Japanese.

 

これは Tom needs the man who can speak Japanese.

 

というように、関係代名詞の文は元の文がどういった形でも対応できる、使い幅の広い文法なんですね。

 

 

少し長くなってしまったので、続きは次回といたします。

これらの使い分けはテストでも狙われるところなので要注意ですよ!

 

 

17

Oct

11月模試と筆答検査B模試について

こんばんは、青木です。

10月の定期テストが終わり、中3生は11月の模試が近付いてきました。

今回から追加となる範囲を載せておきます。

 

数学…2次方程式

英語…SVOCの文 (make A B等)、It~for…to

社会…公民的分野の『人権思想と憲法』

理科…生命の連続性

 

どの教科もここからぐっと3年生の内容が入ってきます。特に10月の模試を受けていない人は、8月との違いを感じるかと思います。

また、10月の定期テスト内容の殆どが早速範囲に入っています。定期テストの勉強をきちんとすることで、点数につなげられるところが多くなってきます。今回のテストの直しがまだの人は早めにしておきましょう。

模試の日程は11月3日(火・祝)となっています。もう少し期間がありますので、しっかりと準備をして臨んで下さい。

 

それから、筆頭検査B模試の申し込み締切が11/6(金)となっています。

受験予定の高校が実施するようであれば、こちらも受験をおすすめします。

今から少しでも練習してできるだけ慣れておきましょう。

13

Oct

今月のライブラリー新刊(15年10月)

代表の袖山です。

今月入荷したライブラリーの新刊を紹介いたします。

 

大学入試はAO入試や推薦入試の時期になり、高3の動きも慌ただしくなってきました。

そこで、面接関係の書籍を取りそろえました。

まずはこちら。

『現代社会の最新時事』

ファイル_000

 

 

文系・社会系の面接や、センター試験で現代社会を選択している人は一度目を通しておいた方が良いです。

現代社会の時事問題は、高得点を狙うためにはどうしても避けて通れないことと、対策が立てにくいことがあります。

映像授業のセンター対策現代社会を受講するのが一番良いですが、自分でも知識を取り入れる姿勢が大事です。

 

ファイル_001

 

次は、『新マンガゼミナール 面接』です。

 

ファイル_006

 

面接で何を話せば良いのか困っている人は、まずこれを読んでください。

 

ファイル_007

こんな感じで、面接で言って良いことと悪いことが分かりやすくかかれていますので、ざっと目を通しておくと良いでしょう。

 

最後に、勉強の合間にちょっと綺麗な景色を見て癒やされたい方はこの本を。

『世界の美しい都市』

 

ファイル_002

 

このシリーズは人気があり、よく読まれています。

 

ファイル_005

 

 

 

04

Oct

テストが終わったらなにをする?

こんにちは、山村です。

ほとんどの中高生がテスト期間最終日となりました。

今からテストのコツを教えるのは難しいので、先取りということでテスト後の話をします。

 

「テストが終わったらなにをする?」

と聞かれると、たいてい「寝る」か「遊ぶ」かです。

 

心身ともに疲労しているわけですから、テスト結果が返ってくるまではそれでいいかもしれません。

 

でもテストが返ってきたら?点数を確認したら、親に見せて、ごみ箱行き?なーんて、そんなはずはないと思います。

 

復習しよう!と言われると、「そんな面倒なこと、するわけない!」「やらなきゃなのはわかってるけど」と思ってしまいがちです。

 

ただ、ここで考えてほしいのは習ったばかり、テストしたばかりの今ですらわからないものが、時間をおけばできるようになるのか、ということです。

そのうちできるようになる、というのは勉強を続けていけばわかるようになる、ということであって、放っておけばできるという意味ではありません。

 

回りくどくなりましたが、じゃあどう復習したらよいのでしょうか、簡単コースだと次のようになります。

 

1 間違ったところだけを解きなおす

2 間違ってしまった問題に似た問題を探して解く

3 もう一度テストの問題を解きなおす

 

時間を気にしないのであれば、ワークをもう一度解きなおしたり、プリントを解きなおしたり、テスト前と同じことをしてみましょう。

さらに厳重に復習したい場合は1週間ほど時間をおいてからテスト問題に再挑戦すると、本当に忘れていないか確かめることができるでしょう。

 

ちなみに「テスト終わったんだから、次のテストの範囲じゃないし、する意味ないじゃん!」と思っている人もいるとは思いますが、定期テストの積み重ねが「学力テスト」につながり、それはやがて「入試」につながります。

今復習をしておけば、受験期に膨大な復習を前に為す術なく立ちつくすこともなくなるわけです。

今のためだけのテストではないということをしっかりと頭の中に入れておきましょう。

 

 

お問い合わせ

個別指導ネクサス

個別指導ネクサスへのアクセス

[google mapはこちら]

〒955-0056
三条市嘉坪川1-2-17
ネクサスビル2F

電話
0256-32-5107
受付時間
月〜金曜日
pm3:00-9:30

アクセスページはこちら

  • えんぴつくんペーパークラフトダウンロード
  • ネクサスLINE

ページの先頭へ

ホーム
ネクサスとは
教室紹介
指導方針
先生紹介
授業案内
小学部
中学部
高校部
授業料
授業料一覧
入塾の流れ
よくある質問
お問い合わせ
ネクサスブログ
アクセス
お知らせ